Weekend Creation Music

どこまでやれるか?完全独学低コスト創作音楽

同窓会

2週間ほど前の話。

もう毎年恒例ともいえる行事になった小学校6年生の同窓会に、出席してきました。

この同窓会というと毎回お騒がせしているKatsuyaですが、今年は「同窓会」をテーマにイメージソングを制作して、公開&CD配布をしましたです。

生演奏では、アコギでの弾き語りになるんですがね、まあ、制作に追われて練習がほとんどできず、さらには独特のエピソードを書き下ろした歌詞を聴いて笑いが出るなど想定外の展開に、こちらも強烈な間違いをしてしまいましたな(爆笑)。

 

さて、「再会」というこの曲、一般公開はどうしようか迷っているところなんですが・・・

打ち込みをCubaseにしたところ、なかなか良い結果が得られた気がします。

何と言っても、トラックごとに音の調整がしやすい(Katsuya的には・・・ですよ)。

ギターやベース、ピアノなど、各トラックごとにイコライジングしたり、音圧を調整したり、エフェクトをかけたり・・・

トラックごとにしっかり仕上がったトーンをMixするので、音の分離状態がわかりやすいですな。

そこから全体をマスタリング。結果、今まで悩みどころやった“こもった感じ”のトーンではなく、クリアに近づいた印象。音圧も充分。あとはもう少し腕を上げるだけ(ここが一番大変)。

曲調は、普通にJ-POPバラード調なんですが、Katsuyaのこだわりでは、キーがFのところにE♭を突っ込んでみたりとか、ちょっとだけイレギュラーなことやってます。

そこでさりげなく聴かせるのが“技”というもんでしょう。

「じゃあ、公開しろよ!」

なんて声も聞こえてきそうですが、たぶん聞こえることはないでしょうし、ほとんどの人が「貴様の曲なんかどーでもええわ」と思ってる事でしょう。

「貴様」!?

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村