Weekend Creation Music

どこまでやれるか?完全独学低コスト創作音楽

楽曲#13 歌わせてみる

f:id:shakuyamame:20170603220603j:plain 

リードヴォーカルの音入れが出来たので、気分を盛り上げるためにも歌詞を付けていかねば。合成ツール「UTAU」の登場です。歌声は、瑞歌ミズキ君です。A♭mでも問題なく・・・いや、エエ感じに歌ってくれます。

 

実は、歌詞を入れる前にいろいろありました。

まず、DAWCubaseに変わったことで、MIDIファイル(打ち込んだ音のデータ)のエクスポート可能範囲が変わったこと。Studio Oneでは、トラック内で分割したファイルを、分割した部分だけ書き出せたのが、Cubaseでは全体が書き出されます。すなわち、フルコーラス書き出されるのですね。

UTAUには、延々とフルコーラスがインポートされます。

「別にええか・・・」

いいえ、しっかり手順を踏まんと、Cubaseにインポートしたときにえらいことになってますよ。そう、テンポが曲中でどんどん変化するんやから、UTAUの中でもテンポが合ってないとダメっすね。

Studio Oneでは、テンポが変化するポイントでトラックをカットして書き出してました。なので、Cubaseではカットした部分を、別の空のトラックにコピーして書き出したらええのか?

ちゃうねん! もっとUTAUの機能を信頼しなはれ!

画面を見ると、ピアノロールの上にテンポが表示されてます。テンポが変わるポイントでは、赤字で表示されてます。途中で変えれるんでしょうな。早速ググッて、やってみたら・・・お! 出来たかも。ただ、ポイントに若干のズレがあったりするので修正を要する他、Cubaseで反映されてるかどうかはインポートしてみんとわかりませんっ! 大丈夫やと思う。信頼しなはれ!

 

次に、カナ変換した英語の発音。字数が合うてへん。。。編集すると、小節がずれてくる。これを修正・・・の繰り返しで、何とかワンコーラス入れました。でも、MIDIファイルはフルコーラス連続なので、フルコーラス入れるまではCubaseにインポートできません。これだけやって、インポートしたらズレまくり・・・なんちゅうことになると、泣きますな(汗)

ちなみに瑞歌ミズキ君、英語の発音はやはり、“日本語英語”です。そら、しゃーないわな。でも、休符とか語尾の息の抜き方で、少しは英語っぽく出来そうなトコもあります。腕の見せ所ですかね?

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村