Weekend Creation Music

どこまでやれるか?完全独学低コスト創作音楽

楽曲#13 主旋律

f:id:shakuyamame:20170418211546j:plain 

新曲制作ちうなので、DAWソフト・Cubaseの画面を貼っときます。

「いらねーよ!そんなの」

と言わんでください。いらねーよ・・・う~んっと、関西弁やと

「いるるるあんわい!ンなもん」

となりますな。「る」が連続してるところは、巻き舌やと思うといてください。また、「ンなもん」の「ン」は、あまり強く発音されません。

 

さて、ドラムス、ベース、オルガンの打ち込みが、ほぼほぼ完成しました。もうちょい修正が必要かもしれませんが、大体これでいけるんやないかと。一番下はギターを仮に打ち込んでまして、レコーディングしたら消去します。音の数が多いでしょ?特にベース。かなり暴れてます。

さて、ここから主旋律、つまりヴォーカルパートの音を打ち込んでいく訳ですが、なかなか大変な事になりそうです。え~、以前、“全編英語”やと言いましたが、そう、英語なのです。

歌詞は一通り仕上がってるんですが、問題は発音。スズキのワゴンRのCMって見たことあるでしょ? 我々日本人は「ワゴンアール」と呼んでいますが、アレ、初っ端に英語が発音されてますよね。英語では「ワゲナール」、しかも最後の「ル」は、ほとんど発音されてません。こういったニュアンスで音声ファイルの瑞歌ミズキ君に歌ってもらわねばならんのです。

スマホのアプリで歌詞全部の発音を聞いて、そのニュアンスを日本語で表す・・・無理もあるけど、歌なのでごまかせるトコごまかしながら英詞っぽく変換していって、その音の数だけピアノロールに打ち込んでいくっちゅうことをやっていくのですな。

打ち込みは結構試練かもしれん。でも、歌声合成が出来たとき、どんなカッコええことになるのか楽しみだったりするのです。

てことで、冒頭の関西弁発音講座の意味もわかりますよね? 大切なのはニュアンスなのです。(やや意味わからん)

 

発音のニュアンス、面白いと思っていただけたなら是非、ポチッとね! 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村