読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Weekend Creation Music

どこまでやれるか?完全独学低コスト創作音楽

出来ない楽器は・・・

楽曲制作

・・・打ち込みも難しいって、いまさら何を?

ドラムスはね、手と足の4つ以上をいっぺんに鳴らすことはできませんわな。それはそれでわかりやすい。それはそれで、やってみると面白い結果になるかもしれん。けど、ほな、それをバンドでやろうってなると、誰が叩く? てな訳で、不可能を除外すればそれなりに仕上がりますね。

ベースは? ギターやってると、大体不可能なことは理解できるので、それも除外しましょ。

問題はキーボードで、今回の曲で言えばオルガンですな。指は10本。でも、フレーズによって10本を使えるのかどうか?とか、打ち込んだ通りに演奏することは、果たして可能なのか?例えば、指の数は間違ってないけど、譜面どおりに運指できるのかどうかは、鍵盤を叩かなければわからんのですな。

だからっちゅうて、絶対出来るやろ~みたいなフレーズばっかり打ち込んでると、緊張感に欠け、つまらん曲になってしまうんですわ。ギターで弾けるフレーズが、必ずしもオルガンで弾けるかっていうと、ノーなのかもしれませんな。でも、イエスなのかもしれませんな。

現在、ドラムス、ベース、オルガンを打ち込みました。この時点で何度も聴きながら、ギターと重ねてみて修正している段階です。

Cubase、完全無料ソフトではないので、調整範囲が広がりますね。けど、まだまだ使い方は模索している段階でもあります。ここまでの打ち込みは早かったけど、これからがどうなることやら?

ひとつ言えるのは、“ヤヴァイ楽曲”であるということです。

 

ポチッとね!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村