読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Weekend Creation Music

どこまでやれるか?完全独学低コスト創作音楽

永遠のロックンロール

先日、チャック・ベリー氏が亡くなられました。90歳・・・だったそうですね。

Katsuyaはその世代ではありません。しかし、ギターを弾く者としては、その名を何度となく耳にしているし、氏のことを詳しくは知らずとも、数々の名曲を知っています。

代表曲とも言える「ジョニー・B.グッド」など、ラジオを聴いていると、様々なアレンジでカバーされていたりするのがわかります。ロックンロールという音楽のスタイルを築き上げ、世界中の多くのアーチストに影響を与え、愛され、聴かれ、歌われてきたのですね。

Katsuya自身、こういったオールディーズ・ロックンロールも大好きで、少年時代から訳もわからないのに心地よかった・・・そんな記憶があります。多少なりとも楽曲制作への影響はあると感じています。

超シンプルでストレートな楽曲。音を3つも聴けば、「おっ!」とわかってしまうイントロ。

メロディが先に立つ日本人の感性では、このような楽曲は生まれなかったことでしょう。もちろん日本人には日本人特有の感性があり、日本固有の素晴らしい音楽もたくさん生み出されています。しかし一方で氏の音楽は、日本のそれとは別のところにある、世界中の人々の心をとらえるセンスみたいなものを早い時代に磨き上げた?のか、あるいは天性として持っておられたのでしょうね。

これからも、氏のロックンロールは永遠に愛され、語り継がれていく事でしょう。

氏のご冥福をお祈り致します。

 

さて、こんな話をしておいて何ですが、Katsuyaのロックンロールは世界中の何人の方の耳に届くでしょうか?(汗)

まだまだもぎたての新曲、しばらく貼っていく所存であります。プレイヤーをクリック(タップ)してくださいまし。

 

Cruise on Highway   2017.3  

 

↓ポチッとお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村