読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Weekend Creation Music

どこまでやれるか?完全独学低コスト創作音楽

楽曲#13 歌詞をカタカナに?

少し進んでます。

実に時間がかかるのが、英語の歌詞。コンピューターに歌わせるには、アプリへひらがなで入力する必要があるんです。以前にも言いましたかね?

かな入力するのだから、英語の発音を日本語の「かな」に変換していきます。ひらがな入力なのに、何でカタカナ? それはね、英語の発音をいきなりひらがなにすると、自分でも何言うてんのかわからんくなるからです。わかる人はひらがなでええっしょ。要はニュアンスですな。

で、変換したら、とにかく歌ってみるんです。自分で歌うんですよ。別に大きい声出せ!とか、そんなん言いません。カタカナを主旋律に乗せんことには、正しく発音しているように聴かせることは出来んのです。

 

「world」と歌うことを例に取ってみましょう。

日本語英語だと、「ワールド」って書きますよね? ネイティブな英語だと、実際には[wə:(r)ld]と発音されているんですが、この発音記号をかな表記なんて出来る訳がないんです。で、実際の発音を聞いてみると、「ウォアルド」と書くのが近い気がします。そしてこれがメロディに乗る訳です。

 

変換は出来たけど、ここでまたひとつ難関が。

メロディに乗せるなら、当然音符の長さも重要なのですが、この発音に対して音符の長さが合わず、発音の方をムリに伸ばすと、これまた正しい言葉でなくなりそうです。

「せかい」だと“世界”ですが、「せーかいー」と歌うと“世界”とも“政界”とも聞こえる訳ですな。これを同じ長さで“世界”と判断してもらうには、「せかいーー」とか「・せかいー」みたいに歌わねばならんすね。日本語だと、よ~くわかってる言葉なのでこういう乗せ方が容易なのですが、英語を乗せるとなると細心の注意を払わないと、言葉ですらなくなってしまう可能性もあるわけですね。場合によっては、メロディそのものまで変えなくてはならんことも出てくるでしょう。

 

そんなこんなで、この「変換」作業には、じっくり時間をかけてしっかりメロディに乗るように調整していってるのです。

英会話、習いたいな~~~って、今になって思うKatsuyaなのです。

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

季節はずれでも・・・

最近アコギを弾いていると申しました。

実はね、プチライブをやったんですわ。同窓会で近況報告~って、こんなして曲作ってるKatsuyaにとっては、ナマで聴いてもらえるのはヒジョ~にありがたい機会ですな。

で、弾き語れる曲はと申しますと、「BELIEVE」というのがありまして、Katsuya自身かなり気に入ってるバラード調の曲です。

・・・メッチャ秋やん。。。

そう、秋風をイメージしたコード進行なのです。

「どーしよーか?」

やるしかないでしょ。秋には同窓会の予定はございません。ならば少しだけ言い訳しといて、春に秋の曲を聴いていただきましょう。

 

はしゃぎすぎた夏の日の過ちを後悔していた。あるとき、ふと思った。後悔ばかりしていても先へ進めない。これから続く未来へ、自分を信じて歩んで行こう!

そんなメッセージを込めた、緩やかだけど力強い楽曲です。

 

ま~、何と言うてもオリジナル。そして酒の席。多少間違うても大丈夫ですな。え? 間違うたんかい?

少々ね・・・ぎゃははははは(爆笑)

 

BELIEVE    2015.9 

 ↑ クリック(タップ)してね!

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

夜の宅練が難しい訳

GWが終わりました。

Katsuyaは9連休という大型連休をいただき、仕事を忘れて好きな事をいっぱい楽しみました。新曲制作も、さぞや進んだ事でしょう・・・と思うでしょ?

な~~~~~んもやってません(爆)。

「お前、趣味の音楽って言うたやろ!?」

てな声が聞こえてきそうですが、実際は誰も気にしてないんでしょう。

 

さて、実は新曲とは別の“宅練”やってるんです。久々にアコギ弾いてるんですが・・・ f:id:shakuyamame:20170508221748j:plain 

コレですな。Epiphone Dove。

何を隠そう、今、大人気の芸人・みやぞんさんのと同じの、色違いモデルですわ。で、その宅練なんですが、なかなか成果の方が厳しいですわ。というのも、ウチは豪邸ではありません。家に防音設備なんちゅうモノはありませぬ。つまり、音漏れの心配がありまして、ピッキングでの思い切ったストロークが出来ないんですな。エレキギターならヘッドホンすりゃエエ訳ですが、アコギはそのまま音がでます。しかもドレッド・ノート。

ん~、ストロークの練習は、レスポールでやるか? ボディの厚みが全然違うが・・・

 

ひとつ気付いた事が。コレ、意外と大事かもよ。

このギターには、ネックの付け根にストラップピンがついていて、いままではそれを使ってたんですが、ど~もヘッドが重く感じるので、ストラップをヘッドに付けてみた。すると、バランスが変わって、ギターが少し立ち気味になりますわな。で、これによってFが押さえやすくなりますよね。その流れで、ピッキング・ポジションがネック寄りになります。トーンがマイルドになります。

Doveは、サイドとバックがメイプル。すなわち、元々のトーンがエッジの立った高音寄りなのですが、ピッキング・ポジションがネック寄りになると、それが少しマイルドになる訳ですがな。うん、悪くない。むしろ腕の短いKatsuyaには、J45のようなトーンのギターよりは、Doveが合ってるのかもしれませんな。違う? いや、そういうことにしときましょう。

ちなみに憧れのアコギは、Gibson Hummingbirdですが・・・何か?

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

欲しかったりして・・・

ORIANTHI(オリアンティ)という名の女性アーチストがいます。

ORIANTHI | オリアンティ - UNIVERSAL MUSIC JAPAN

マイケル・ジャクソンの映画「THIS IS IT」でリードギターを弾いてた凄腕ギタリストです。

いや、別にCDが欲しいという訳ではなくて(既に持ってますから~♪)、彼女の持つPRSのCustom24というギターが気になってしょうがないんですわ。

とは言うものの、当然高価な訳でとても手ェ出せる代物ではありません。ところがこのブランド、廉価モデルも発売していて、こいつに悩まされるんです。

SEシリーズというのがその廉価モデルのシリーズで、一時期ORIANTHIシグネチャー・モデルが発売されてて、その時の同社のサイトで同モデルを彼女自身が紹介してたんですな。この廉価モデルの事を知ったのが、その記事だったって訳。

ちなみに我がメイン機のGreco EG(レスポールタイプ)は、Gibson Les Paul Customをかなり忠実に再現しております。その一方でPRSの場合、自社内での廉価モデルであり、コピーモデルとは異なります。同じCustom24を名乗るにしても、CoreモデルとSEシリーズではボディシェイプも異なるなら、仕様も異なるのです。買うのであれば、Custom24の廉価モデルを買うというより、SE Custom24という比較的安価なモデルを買うと考えたほうが正解ですな。

ま~、コピーモデルをメイン機としてるKatsuyaにとって、廉価モデルを使うことに関しては何のためらいもございませんが、次にLes Paul買うなら本家Gibsonなどとぬかしてる手前、PRSに浮気するにしてもCoreモデルやのうてSEシリーズなんか?ソコ選んでええのんか?という心の葛藤がある訳です。

ここで気付いた方、お見事!

そう、葛藤する前に金貯め~や!

まだSEすらも買えないKatsuyaでございます(爆笑)

 

↓面白くても、くだらんと思っても・・・

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

楽曲#13 主旋律

f:id:shakuyamame:20170418211546j:plain 

新曲制作ちうなので、DAWソフト・Cubaseの画面を貼っときます。

「いらねーよ!そんなの」

と言わんでください。いらねーよ・・・う~んっと、関西弁やと

「いるるるあんわい!ンなもん」

となりますな。「る」が連続してるところは、巻き舌やと思うといてください。また、「ンなもん」の「ン」は、あまり強く発音されません。

 

さて、ドラムス、ベース、オルガンの打ち込みが、ほぼほぼ完成しました。もうちょい修正が必要かもしれませんが、大体これでいけるんやないかと。一番下はギターを仮に打ち込んでまして、レコーディングしたら消去します。音の数が多いでしょ?特にベース。かなり暴れてます。

さて、ここから主旋律、つまりヴォーカルパートの音を打ち込んでいく訳ですが、なかなか大変な事になりそうです。え~、以前、“全編英語”やと言いましたが、そう、英語なのです。

歌詞は一通り仕上がってるんですが、問題は発音。スズキのワゴンRのCMって見たことあるでしょ? 我々日本人は「ワゴンアール」と呼んでいますが、アレ、初っ端に英語が発音されてますよね。英語では「ワゲナール」、しかも最後の「ル」は、ほとんど発音されてません。こういったニュアンスで音声ファイルの瑞歌ミズキ君に歌ってもらわねばならんのです。

スマホのアプリで歌詞全部の発音を聞いて、そのニュアンスを日本語で表す・・・無理もあるけど、歌なのでごまかせるトコごまかしながら英詞っぽく変換していって、その音の数だけピアノロールに打ち込んでいくっちゅうことをやっていくのですな。

打ち込みは結構試練かもしれん。でも、歌声合成が出来たとき、どんなカッコええことになるのか楽しみだったりするのです。

てことで、冒頭の関西弁発音講座の意味もわかりますよね? 大切なのはニュアンスなのです。(やや意味わからん)

 

発音のニュアンス、面白いと思っていただけたなら是非、ポチッとね! 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

出来ない楽器は・・・

・・・打ち込みも難しいって、いまさら何を?

ドラムスはね、手と足の4つ以上をいっぺんに鳴らすことはできませんわな。それはそれでわかりやすい。それはそれで、やってみると面白い結果になるかもしれん。けど、ほな、それをバンドでやろうってなると、誰が叩く? てな訳で、不可能を除外すればそれなりに仕上がりますね。

ベースは? ギターやってると、大体不可能なことは理解できるので、それも除外しましょ。

問題はキーボードで、今回の曲で言えばオルガンですな。指は10本。でも、フレーズによって10本を使えるのかどうか?とか、打ち込んだ通りに演奏することは、果たして可能なのか?例えば、指の数は間違ってないけど、譜面どおりに運指できるのかどうかは、鍵盤を叩かなければわからんのですな。

だからっちゅうて、絶対出来るやろ~みたいなフレーズばっかり打ち込んでると、緊張感に欠け、つまらん曲になってしまうんですわ。ギターで弾けるフレーズが、必ずしもオルガンで弾けるかっていうと、ノーなのかもしれませんな。でも、イエスなのかもしれませんな。

現在、ドラムス、ベース、オルガンを打ち込みました。この時点で何度も聴きながら、ギターと重ねてみて修正している段階です。

Cubase、完全無料ソフトではないので、調整範囲が広がりますね。けど、まだまだ使い方は模索している段階でもあります。ここまでの打ち込みは早かったけど、これからがどうなることやら?

ひとつ言えるのは、“ヤヴァイ楽曲”であるということです。

 

ポチッとね!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

楽曲#13 打ち込み

f:id:shakuyamame:20170408233852j:plain 

記事の更新が少し遅めなんですが、実は、新曲の打ち込みを始めています。

 

今回は、今までと全然違う試みをしてまして、何度か言うてますとおり、ハーフダウン・チューニング、つまり半音下げでやってます。ギターが、ヴァンガードになるんですな。

レスポールと何が違うん?

音が全然ちゃいます。レスポールは図太くて丸みのあるサウンド。対してヴァンガードは、エッジの立った硬いサウンド。曲調に合わせると、この曲にはヴァンガードがいいんす。そして、レスポールにはない何かが飛び出すかもしれませんな。

 

もうひとつは、DAWCubaseに変更したこと。これには、バンドルされてる楽器の音質の違いと、録音に関しての音質の違い(Studio Oneが悪い訳ではなく、より理想とする音質を探っているのです)の、2つの理由の他に、MIXからマスタリングまでを同一ソフト内でダイレクトにできるという利点もあるんですな。

 

そしてさらに・・・

先日の「関ジャム」で、ベーシストの凄腕さんが、その理論とテクニックを披露されていました。

超かっちょええ~~~~~!!

てことで、この曲ではベースをかなり暴れさせてます。それにシンクロするように、ドラムスも暴れさせてみようかのう。ほな、ギターも暴れんとのう。

歌詞も英語でヤヴァイこと言うてるけど、曲もかなりヤヴァイかも!

 

とにかく、ベースの打ち込みが楽しい。どっちかって言うと我慢やったベース、その打ち込みが“楽しい”と思えるんす。これって凄くね?

そーゆーことで、もうベースとドラムスを、ほぼほぼ打ち込んでます。ついでに曲の進行をわかりやすくするための、ギターも打ち込んでます。早いやろ?

 

↓ポチッといっちゃってください。 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村