読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Weekend Creation Music

どこまでやれるか?完全独学低コスト創作音楽

楽曲#13 主旋律

楽曲制作

f:id:shakuyamame:20170418211546j:plain 

新曲制作ちうなので、DAWソフト・Cubaseの画面を貼っときます。

「いらねーよ!そんなの」

と言わんでください。いらねーよ・・・う~んっと、関西弁やと

「いるるるあんわい!ンなもん」

となりますな。「る」が連続してるところは、巻き舌やと思うといてください。また、「ンなもん」の「ン」は、あまり強く発音されません。

 

さて、ドラムス、ベース、オルガンの打ち込みが、ほぼほぼ完成しました。もうちょい修正が必要かもしれませんが、大体これでいけるんやないかと。一番下はギターを仮に打ち込んでまして、レコーディングしたら消去します。音の数が多いでしょ?特にベース。かなり暴れてます。

さて、ここから主旋律、つまりヴォーカルパートの音を打ち込んでいく訳ですが、なかなか大変な事になりそうです。え~、以前、“全編英語”やと言いましたが、そう、英語なのです。

歌詞は一通り仕上がってるんですが、問題は発音。スズキのワゴンRのCMって見たことあるでしょ? 我々日本人は「ワゴンアール」と呼んでいますが、アレ、初っ端に英語が発音されてますよね。英語では「ワゲナール」、しかも最後の「ル」は、ほとんど発音されてません。こういったニュアンスで音声ファイルの瑞歌ミズキ君に歌ってもらわねばならんのです。

スマホのアプリで歌詞全部の発音を聞いて、そのニュアンスを日本語で表す・・・無理もあるけど、歌なのでごまかせるトコごまかしながら英詞っぽく変換していって、その音の数だけピアノロールに打ち込んでいくっちゅうことをやっていくのですな。

打ち込みは結構試練かもしれん。でも、歌声合成が出来たとき、どんなカッコええことになるのか楽しみだったりするのです。

てことで、冒頭の関西弁発音講座の意味もわかりますよね? 大切なのはニュアンスなのです。(やや意味わからん)

 

発音のニュアンス、面白いと思っていただけたなら是非、ポチッとね! 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

出来ない楽器は・・・

楽曲制作

・・・打ち込みも難しいって、いまさら何を?

ドラムスはね、手と足の4つ以上をいっぺんに鳴らすことはできませんわな。それはそれでわかりやすい。それはそれで、やってみると面白い結果になるかもしれん。けど、ほな、それをバンドでやろうってなると、誰が叩く? てな訳で、不可能を除外すればそれなりに仕上がりますね。

ベースは? ギターやってると、大体不可能なことは理解できるので、それも除外しましょ。

問題はキーボードで、今回の曲で言えばオルガンですな。指は10本。でも、フレーズによって10本を使えるのかどうか?とか、打ち込んだ通りに演奏することは、果たして可能なのか?例えば、指の数は間違ってないけど、譜面どおりに運指できるのかどうかは、鍵盤を叩かなければわからんのですな。

だからっちゅうて、絶対出来るやろ~みたいなフレーズばっかり打ち込んでると、緊張感に欠け、つまらん曲になってしまうんですわ。ギターで弾けるフレーズが、必ずしもオルガンで弾けるかっていうと、ノーなのかもしれませんな。でも、イエスなのかもしれませんな。

現在、ドラムス、ベース、オルガンを打ち込みました。この時点で何度も聴きながら、ギターと重ねてみて修正している段階です。

Cubase、完全無料ソフトではないので、調整範囲が広がりますね。けど、まだまだ使い方は模索している段階でもあります。ここまでの打ち込みは早かったけど、これからがどうなることやら?

ひとつ言えるのは、“ヤヴァイ楽曲”であるということです。

 

ポチッとね!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

楽曲#13 打ち込み

楽曲制作

f:id:shakuyamame:20170408233852j:plain 

記事の更新が少し遅めなんですが、実は、新曲の打ち込みを始めています。

 

今回は、今までと全然違う試みをしてまして、何度か言うてますとおり、ハーフダウン・チューニング、つまり半音下げでやってます。ギターが、ヴァンガードになるんですな。

レスポールと何が違うん?

音が全然ちゃいます。レスポールは図太くて丸みのあるサウンド。対してヴァンガードは、エッジの立った硬いサウンド。曲調に合わせると、この曲にはヴァンガードがいいんす。そして、レスポールにはない何かが飛び出すかもしれませんな。

 

もうひとつは、DAWCubaseに変更したこと。これには、バンドルされてる楽器の音質の違いと、録音に関しての音質の違い(Studio Oneが悪い訳ではなく、より理想とする音質を探っているのです)の、2つの理由の他に、MIXからマスタリングまでを同一ソフト内でダイレクトにできるという利点もあるんですな。

 

そしてさらに・・・

先日の「関ジャム」で、ベーシストの凄腕さんが、その理論とテクニックを披露されていました。

超かっちょええ~~~~~!!

てことで、この曲ではベースをかなり暴れさせてます。それにシンクロするように、ドラムスも暴れさせてみようかのう。ほな、ギターも暴れんとのう。

歌詞も英語でヤヴァイこと言うてるけど、曲もかなりヤヴァイかも!

 

とにかく、ベースの打ち込みが楽しい。どっちかって言うと我慢やったベース、その打ち込みが“楽しい”と思えるんす。これって凄くね?

そーゆーことで、もうベースとドラムスを、ほぼほぼ打ち込んでます。ついでに曲の進行をわかりやすくするための、ギターも打ち込んでます。早いやろ?

 

↓ポチッといっちゃってください。 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

キーの変更は?

雑記

このところ、ギターの練習はペダル・ワウのチャカポコ♪ばっかりやってます。曲作りは、同じタイプを続けるより、全く違うのを作る方が楽しかったりするんですね。

・・・ちゅうことは、次の曲は決まりですわ。

で、ここで色々出てくるんですな。まず、チャカポコ♪やるならハイゲインではダメ。クリーンかクランチで。トーンもエッジが立ってる方が良い様な。

となれば、レスポールは休暇となります。使用ギターはヴァンガード。実際、弾いてみるとやっぱりヴァンガードがしっくりきます。

ところがコイツ、ダウンチューニング仕様なんですわ。レギュラーゲージ(.010~.046)やと、ハーフダウンになります。確か以前も同じことでウダウダ言うてたと思うんですが、あんまりライトゲージが好きではなく・・・単純に弦が細いからね。テンションは、レギュラーでも半音下げてるけど、ロングスケールやからソコソコある。ライト張ってノーマルチューニングにしたら、それなりにテンションはかかりますわな。要するに細い弦が好きではないだけ・・・なんすけど。

それならいっそ、ダウンチューニングで作ったらいいのか?

音は半音変わる。けど、これから作る訳で、Am→A♭mになったとて、それがオリジナルになるだけ。ただね、ヴォーカルの瑞歌ミズキ君がA♭mに合うのかは、歌わせてみないと判らん。Amなら「Get Up !」でやや低めながら、いい感じに歌ってくれたけど。

ま~、それで納得いかんのなら、打ち込んだ音を全選択して半音持ち上げるだけでAmになるんで、あきらめてライトゲージ張りますわ。

 

Get Up !     2015.6

↓クリック(タップ)して聴いてね。かなり尖った楽曲です。

 

 

Cruise on Highway     2017.3 

 

こちらもポチッとね。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

難関!エフェクトを使うテクニック・・・

雑記

新たなる制作に取りかかる・・・訳なのですが、実は今、音源にしたい曲が3曲あるのです。

それぞれに良い面、悪い面がありまして、それはあくまでも個人的所感なのですが、楽曲を公開する際には一応聴いてくださる方のお気持ちを察しておきたいってトコもある訳です。

ある曲は、Cruise on Highwayと同等のテンポのロックンロール。「またか?」と思わせてしまってはイケナイ。

またある曲は、もっとハードなアップテンポの“メタル系”で、ある程度の変化を感じていただけそうなのですが、詞がまだな~んにも出来てない。

またまたある曲は、ブルースロック的なハードロックで、詞は全ていんぐりっしゅ・・・英語なのです。決まればかなりカッコいいと思います。ただ、エフェクトとしてペダルワウを使いたい。使うたらええやん。いや、実はこれがね、正直、Katsuyaには未体験ゾーンなのです。「Blood Flow」ではオートワウを使って楽しましたが、今度はペダルワウじゃないとダメなんです。

カッティングにペダルワウを組み合わせて、チャカポコチャカポコと鳴らしたい。わかりますよね? 例えばウルフルズの「ガッツだぜ!!」のイントロを聴くと、よ~くわかるかも。

鳴らしゃええやん。

それがね、難しいんすよ。カッティングのパターンとは別にペダルを一定パターン・テンポで踏み込むんやから、要は手と足が別の動きにならんとイカンのに、そもそもKatsuyaはカッティング奏法があまり得意ではないっ(汗)。

何でそんな難関に挑むのかというと、答えは簡単。そういうイメージを持ってしまったからに他なりません。とにかくイメージしたものを可能な限り表現したいので、この曲をやるなら練習しかないのです。

どなたか、いい練習法があれば教えていただけませんか?(笑)。「弾いてくれ」とは言いません。自分で弾くので、ちゃんと練習致しますです、ハイ。

 

しつこく貼ります。↓クリック(タップ)してくださいね。

Cruise on Highway     2017.3

 

ポチッとね! 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

音作りの難しさったら・・・

雑記

 Cruise on Highway、いかがでしょうか?

さて、楽曲は出来ていくのだけれど、ひとつ問題が・・・

実はね、ギターの音に満足できてないんですよ。「え~?」でしょ?(汗)

てか、弾いてると「ええ音やん」って思ったりするんですよ。でもね、完成した楽曲聴くと、やっぱり素人の音やなっと。

そこでまず、おさらいしておくと・・・

f:id:shakuyamame:20170324215637j:plain

基本、レコーディングにはZOOM G3Xをアンプシミュレーター兼エフェクター兼オーディオインターフェイスとして使ってます。アンプはMarshallなんですけど、レコーディングには使いません。て言うのも、宅練用のアンプなので、センド&リターン端子がない。

そもそもギターの音作りって、基本はまず、アンプで音を作るんすね。そこからセンドでペダルボードに繋いでエフェクトをかけ、リターンでアンプに返す。そのセオリーから考えると、もしこのアンプにセンド端子があるなら、アンプで基本の音を作ってからセンドでG3Xに繋ぎ、エフェクトをかけてそのままオーディオインターフェイスとしてPCに送ることになるんでしょう。でもそれが出来ないので、G3XそのものでMarshallの音を作り、そのままPCに送ってDAWで音を出してる訳です。「何のこっちゃ?」でっしゃろ? 専門的すぎますわな。

すなわち、アンプを介さずにG3Xで音を作ってるんやから、G3XのパラメーターがKatsuyaの求めるトーンに合致していない訳ですわ。

デフォルトに戻しますっ!

G3Xには、いくつものトーンをシミュレートするために、様々なエフェクトを組み合わせてメモリーしてあります。そこを無視して設定を変更したから、欲しい音から外れてしもうたのではないか?っちゅうことです。

ほぉ、Marshallのドライブサウンドに設定すると、1項目だけスルーしてありますな。ここに例えばペダル・ワウなんかを突っ込むとか、デフォルトでは設定の中にあるコンプレッサーがOFFになってるんで、コンプを削除してフランジャーに変えたりしたら、いろいろ出来そうやな。ほんでもって、それをパッチにメモリーしとけば、フットスイッチひとつで呼び出せる訳やな。

何で今まで気付かへんでん???(苦笑)

そこでもうひとつ気付いた。

これって、音、作ってへんよな?(大汗)

いやぁ、まぁ基本に戻るってことですな。基本から少しずつパラメーターを変更していって、自分の音に仕上げていくのがセオリーじゃないですかい?

 

音がどうこう言いながらも、聴いてほしいので貼ります。

Cruise on Highway     2017.3 

 ↑クリックまたはタップしてね!

 

↓ポチッとね。 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

永遠のロックンロール

雑記

先日、チャック・ベリー氏が亡くなられました。90歳・・・だったそうですね。

Katsuyaはその世代ではありません。しかし、ギターを弾く者としては、その名を何度となく耳にしているし、氏のことを詳しくは知らずとも、数々の名曲を知っています。

代表曲とも言える「ジョニー・B.グッド」など、ラジオを聴いていると、様々なアレンジでカバーされていたりするのがわかります。ロックンロールという音楽のスタイルを築き上げ、世界中の多くのアーチストに影響を与え、愛され、聴かれ、歌われてきたのですね。

Katsuya自身、こういったオールディーズ・ロックンロールも大好きで、少年時代から訳もわからないのに心地よかった・・・そんな記憶があります。多少なりとも楽曲制作への影響はあると感じています。

超シンプルでストレートな楽曲。音を3つも聴けば、「おっ!」とわかってしまうイントロ。

メロディが先に立つ日本人の感性では、このような楽曲は生まれなかったことでしょう。もちろん日本人には日本人特有の感性があり、日本固有の素晴らしい音楽もたくさん生み出されています。しかし一方で氏の音楽は、日本のそれとは別のところにある、世界中の人々の心をとらえるセンスみたいなものを早い時代に磨き上げた?のか、あるいは天性として持っておられたのでしょうね。

これからも、氏のロックンロールは永遠に愛され、語り継がれていく事でしょう。

氏のご冥福をお祈り致します。

 

さて、こんな話をしておいて何ですが、Katsuyaのロックンロールは世界中の何人の方の耳に届くでしょうか?(汗)

まだまだもぎたての新曲、しばらく貼っていく所存であります。プレイヤーをクリック(タップ)してくださいまし。

 

Cruise on Highway   2017.3  

 

↓ポチッとお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村