Weekend Creation Music

どこまでやれるか?完全独学低コスト創作音楽

同窓会

2週間ほど前の話。

もう毎年恒例ともいえる行事になった小学校6年生の同窓会に、出席してきました。

この同窓会というと毎回お騒がせしているKatsuyaですが、今年は「同窓会」をテーマにイメージソングを制作して、公開&CD配布をしましたです。

生演奏では、アコギでの弾き語りになるんですがね、まあ、制作に追われて練習がほとんどできず、さらには独特のエピソードを書き下ろした歌詞を聴いて笑いが出るなど想定外の展開に、こちらも強烈な間違いをしてしまいましたな(爆笑)。

 

さて、「再会」というこの曲、一般公開はどうしようか迷っているところなんですが・・・

打ち込みをCubaseにしたところ、なかなか良い結果が得られた気がします。

何と言っても、トラックごとに音の調整がしやすい(Katsuya的には・・・ですよ)。

ギターやベース、ピアノなど、各トラックごとにイコライジングしたり、音圧を調整したり、エフェクトをかけたり・・・

トラックごとにしっかり仕上がったトーンをMixするので、音の分離状態がわかりやすいですな。

そこから全体をマスタリング。結果、今まで悩みどころやった“こもった感じ”のトーンではなく、クリアに近づいた印象。音圧も充分。あとはもう少し腕を上げるだけ(ここが一番大変)。

曲調は、普通にJ-POPバラード調なんですが、Katsuyaのこだわりでは、キーがFのところにE♭を突っ込んでみたりとか、ちょっとだけイレギュラーなことやってます。

そこでさりげなく聴かせるのが“技”というもんでしょう。

「じゃあ、公開しろよ!」

なんて声も聞こえてきそうですが、たぶん聞こえることはないでしょうし、ほとんどの人が「貴様の曲なんかどーでもええわ」と思ってる事でしょう。

「貴様」!?

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

超が付くほど・・・

お久しぶりです。

ずいぶん放置しましたが・・・

このまま楽曲がアップできなければ、このブログもやめようかと・・・本気で思ってました。

何とかなりそうです。

 

ちなみに、現在はヤヴァイ楽曲も未完成のまま別の楽曲を作ってます。これを6月初旬に完成させなくてはなりません。

とりあえず再開しますが、ま~ゆるくやっていきますので。

 

留守中にも多くの方が訪問してくださっているようです。本当にありがとうございます。

そして・・・申し訳ございませんでしたm(__)m

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

さて困った・・・その2

さて困った・・・

非常に重大な問題が発生しました。というのも、、、

楽曲が当ブログに貼れなくなった?

 

SoundCloudにアップロードした楽曲をシェアするのですが、ブログに貼り付けるためのコードが表示されません。これでは制作した曲をここで公開できないではないか!

(その前に完成させぇよ・・・って声が聞こえてくるような気が)

 

いや、冗談抜きで困ってます。

もし対処法ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか?

SNSへのコードは表示されますが、Embedをクリックするとプレイヤーすら表示されません。

これが出来なければ、当ブログはただの独り言ブログになってしまいます。

今日も画面とにらめっこしてます。

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

さて困った・・・

お久しぶりです。近況です。

てか、誰も興味ねぇか。いや、興味持ってもらえずとも、近況報告を強引にしてみます。

 

9/7の記事に書いた右肩~右腕の痛み・痺れが継続中なのです。ネットで調べてみるとですね、同じような人の例を見ても、治るまでは4ヶ月ぐらいかかってるそうです。Katsuyaは、今現在2ヵ月半ほどっすかね。まだまだっすかね。。。

バイクには乗れるようになりました。先日、60km程のミニ・ツーリングに出かけたのですが、痛みも痺れも感じませんでした。

 

で、気を良くしてギターを手にすると・・・あらら、15分待たずして痺れてきましたわ。

以前ほどの酷さではありません。でもね、弾いてないと腕が落ちる、すなわち下手になってしまうわけです。まあ、もともと上手くはないので、さほど影響してないのかもしれませんが・・・いやいや、かなり影響してますって。

 

そしてもうひとつ。

やっぱりPCのキーボードを長時間打ってると、痛みが出て来ます。

打ち込みなんて、やり始めたら2時間ぐらいはやってますから・・・当然そんなに持ちませんな。ブログ書いててギリギリぐらいですわ。

以前から制作ちうの“ヤヴァイ曲”は、果たして今年中に完成するのでしょうか?実はそれが一番ヤヴァイのかもしれません。

Katsuyaが音楽を作っていることすら忘れられていそうですね。

もしくは、最初からどーでもエエことなのかもしれませんが(笑)。

  

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

お城と音楽とドリルせんのか~い!!

いや、別に吉本新喜劇を観に行った訳ではございません、ハイ。

大阪城西の丸庭園にて、レキシさんの野外ライブが行われまして、行ってきました。2週連続の野外ライブですね。

この日は何と!大阪城ホールではGLAYのライブが行われておりまして、Katsuyaは正直なところ、ソッチに行きたかったんですが・・・カミさんが申し込んだレキシさんのチケットが当選となりまして、会場に着いたときも「このすぐ近くでGLAYが・・・」なんて思っておりましたさ。

でも、ライブが始まると、「こっちもアリやわ」と思いましたな。とにかく面白いんです。この前のウルフルズは「楽しい」かったけど、こちらは「面白い」んです。とにかく笑います。

楽曲の途中で、ジャンル問わず様々な名曲に変わっていったり。そういえば、レキシさんのバンドの方が「とにかく無茶振りされるので大変だ」とおっしゃってました。このことなんですな。

それにしても、皆さん対応力がスゴイ!

まあ、曲を聴いて、それを歌うがごとくそのまま楽器で音を出すというのは、プロの方にとっては当たり前なのかもしれませんが、それでもお見事です。

 

途中でゲスト登場

なんと、松井大阪府知事でんがな。しかも、被り物しはるで~(笑)。

続いてのゲストは・・・

新喜劇の皆さん。今、大人気の吉田裕さんの~

「ドリルせんのか~い」

を、レキシさんとやってくれましたな。もう大爆笑でんねん。座長は川畑泰史さん、脚本は小藪千豊さんやそうで、Mr.オクレさんも出て来はりました。まさか新喜劇まで観れるとはね!

 

そんな豪華で面白いステージ、大阪いつの陣?終わる頃には・・・ウン、GLAYじゃなくてもよかった。GLAY観たかったけど、でもよかった。音楽で笑うのもいいものですし、音楽で笑わすなんて、実力がないとできません。いや~、素晴らしいライブでした(笑)。

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ヤッサ2017

ウルフルズ、行ってきましたよ~!

9月23日・万博記念公園

今年は25周年ってことで、いっそう気合入ってたようですね。例年より1ヶ月遅い9月の開催だったこともあり、気温も程よく、しかも天気は好転。ファンのみなさんの体調も万全。

・・・Katsuyaは相変わらず、肩~腕の不調に悩まされておりますが・・・

実に楽しいライブでした。

まぁ何というか、関西ノリですね。我々関西人の魂に響きます。ウン、とにかく盛り上げ上手な方々ですよね。多くのバンドと大きく違うのは、歌詞に関西弁をふんだんに盛り込んでいるところ。で、おちゃらけた感じの曲から、ジ~ンと心に響く曲まで多彩。しかも、そのどれもがしっかりアレンジされているんです。

って、皆さんそんなことは言われるまでもなくご存知でしょうが。

てな訳で、レポートなんて気の利いたことはいたしません。音楽誌に目を通していただいたほうがよく伝わる事でしょうしね。

とにかく25周年。いろいろサプライズもあり、本当に楽しめました。

アホになれるひと時・・・

これがウルフルズのライブの魅力ではないでしょうか!

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

俺はロックしか聴かない

いや、普通にJ-POPとか聴くんですけどね。

何でこんなタイトルなのかと言うと、実は珍しく歌詞に共感した楽曲がありまして。

あいみょんさんの、 「君はロックを聴かない」という曲はご存知ですか?

“僕”は“君”に恋をしている。君はロックなんて好きじゃないのだろう。だけど僕には、音楽でしか伝えることはできない。だから君には、僕の好きなロックを聴いて欲しい。そしてもし、少しずつでも距離を縮める事ができたなら・・・といった意味合いの歌詞なんだと思います。

そう捉えたから、この詞に入り込んでしまいましたな。

 

青春時代、Katsuyaは恋をした人に対し、どう伝えればいいのか悩んでました。自分の中で、アピールできるものがないと感じていたのですな。でも、ひとつだけ!それは歌やったんです。すんごくアピール力のある歌を切り札として、好きな女性と一緒にカラオケなんかに行くための作戦を練っていたんですね。

しかしそれは・・・

伝えたい相手には伝わらず、何とも思わない人を落としてしまった事が数回、すなわち失敗ですな(苦笑)。挙句の果てに、結婚する事になった相手、つまりはカミサンですが、全く歌う人ではありません。そしてKatsuyaはロックばかり聴き、カミサンは、そのロックに対し、ソコソコ程度の興味しか示してくれません。

それでも、完成した楽曲は一番最初にカミサンに聴いてもらってから公開している訳で、自分が自分らしく生きていけてるっていうことをアピールし続けている訳です。

そんな自分の青春時代~現在とこの楽曲、Katsuyaの中ではとても深くシンクロするのですな。

 

「君はロックを聴かない」

良い楽曲だと思います。是非聴いてみてくださいな。